この度、8/11のレコ発ライブ「おわりとはじまり」をもちましてfibglooからドラムの延原勝展が脱退する事となりました。
以下、メンバーからのコメントです。
-------------------------------------------------------------------------------------
この度8/11をもちましてfibglooを脱退する事になりました。MV,レコ発のお知らせの直後にこの様な報告となってしまい申し訳ございません。

脱退理由はメンバーとバンド活動をするのが難しくなった訳ではなく自身の家庭の事情等が色々重なってしまいバンド活動を続けていく事が困難になってしまったので今回の決断に至りました。
いつまでもfibglooのドラマーで在りたいと、いつまでもアホみたいな話で盛り上がり、いつまでも曲のドラムを付け続けたいとそしていつか、誰もが耳にしてわかるくらいの大きなステージで自分達の信じた音楽を奏でたいと思い活動してきましたがダメみたいです。

本当に悔しい。

それでもこれまで活動できたのは、自分達の力だとは全く思ったことがなくfibglooに携わってくれた方々やfibglooのライブに時間を合わせて見に来てくださった方々の応援が有ったからこそだと心底思います。

ありがとうございます。

悲しいですが現体制は8/11迄ですが新体制になった「fibgloo」も楽しみにしてもらえたらなと思います。きっとでかい事をしでかしてくれるに違いないと思っています。だって、今まで自分が信じてきた「仲間」ですから。そう思ってます。

長々と書いてしまいましたが自分が終わる前、最後のレコ発ライブに時間が合いましたら是非足を運んでください。いっぱい話しましょう!残りの時間を満喫したいと思います。本当に今までありがとうございました!
 勝展
-------------------------------------------------------------------------------------
かっちゃんからバンドを続けれなくなったという話があったのは三月の終わる直前、先日解禁した4thデモ音源のドラムRecが終わった瞬間でした。その話を二人きりの時に聞きました。その時、「ついに来たか」と。正直思いました。

バンドというものは生きてます。4ピースバンドなら4人が、3ピースバンドなら3人が、同じ方向を向き続けないといけない。これは同時に三人と付き合ってるようなものです。綻びが生まれないはずはない。生活も性格も年齢も違う、性別だって同じとは限らない、
背景も歴史も違う、そんな人間がずっと同じ方向に走れるなんて奇跡でしかない。自分自身そう思ってます。いつもの自分なら、「そうか、今まで有難う。お疲れ様!」と、すぐに諦めます。

それでも、人をあんまり信用できないネガティブ人間な自分が、fibglooのメンバーのことは本当に不思議なことに信頼してます。なんとか続けられる方法はないものかと、自分にしたら不思議なくらい考えうる手段をいくつも伝えました。
しかしその脱退理由が家族の事情だと聞いて、それは止められないと思い素直に受け入れました。自分にとったら家族の為に自分の人生を選択できるのはそれはそれでとてもすごいことだなと素直に思いました。

いきなりですがかっちゃんは姫路に住んでいます。スタジオの時は毎回電車に1時間以上も揺られ、車で来る時も1時間以上運転し、それだけで相当な負担だというのに2年間文句も言わずよく続けてくれました。なんとかこの四人で上まで行こうと、
この3人を上まで連れて行こうと思ってやってきましたが、かっちゃんのタイムリミットまでに上がれなかったのは、自分の力不足です。応援してくれてるみんなにも、かっちゃんにも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

いつも方針に困ったら相談していたのはかっちゃんでした。そんな彼が抜けてしまうことが決まった時、正直歩みを止めようかとも思いました。しかしfibglooを止めることはやめました。かっちゃんの為にも、応援してくれてるみんなのためにも、信頼する残りのメンバーの為にも。
それに俺たちにはまだまだやりたいこと、できることがあります。

かっちゃんが叩く最後のライブは8/11になります。それから先はサポートドラムを迎えて、正規メンバーを探しながらfibglooは続けていきます。

良かったらライブハウスに会いに来てくれると嬉しいです。

そしてこれからのかっちゃんとfibglooを応援してくれると嬉しいです。
6/24 fibgloo Vo 垣内昭仁
-------------------------------------------------------------------------------------
え?やめるん?と未だに思ってます。

メンバーの中では共通点が多いのがかっちゃんでした。東京や京都、名古屋での運転の際のパートナーで、プライベートでも遊んだりしました。
お互い喫煙者で喋る事が1番多かったので寂しい気持ちです。

ドラムスとしても音楽人としても尊敬してるので、何処かで再会できるのを待ってます。え?帰ってきた?と皆さんに報告できるよう頑張ります。
fibgloo gt. ひろゆき
-------------------------------------------------------------------------------------
かっちゃんがずっと後ろでドラムを叩いてくれると思っていました。ライブのときはすごく安定感があって、遠征のときは長距離をずっと運転してくれて、
すぐに寝る俺を笑いながら許して、家まで送ってくれました。
かっちゃんが将来の為に脱退したいってことを知ったとき、素直に背中を押したいと思いました。
誰にでも人生の岐路はあるし、それを俺らバンドだけの都合だけで縛る事はできないからです。
今後のかっちゃんがいい人生を送れるなら何よりだし、これを超えてfibgtlooはもっと大きなステージに行けると信じてます。
かっちゃん、fibglooそれぞれ道は違えど、今後とも応援宜しくお願い致します。
井上 理
-------------------------------------------------------------------------------------
ということでfibglooはドラムを募集します。年齢性別は問いません。
興味のある方はメールにてご連絡を!
→fibgloo.official@gmail.com